2017年10月17日

国際標準の英会話学習法 (英語で)どうして日本に来たかったの?


【これが国際標準の英会話学習法だ!】


「かけ算の九九」のように英語をマスター。英語のしくみは簡単だ
などと宣伝する英会話講座がある。「かけ算の九九」という言葉を使ったのは「九九で覚える英会話」ベレ出版で、20067月のことだ。この本で主張したのは、「英語のしくみはシンプルで合理的なものだ」ということだった。ちなみにこの本はオンライン講座の主教材の一つとなっている。
さて「英語の九九」ということだが、上にあげた赤文字表記をしているフレーズに注目してほしい。この原形動詞フレーズの基本は命令表現だということが極めて重要だ。
 
eat sushi 寿司を食べる
 get married 結婚する
 come to Japan 日本に来る  
  Why did you want to come to Japan?
 live in peace 平穏に暮らす
 be happy 幸せだ
 be a good boy 大人しくいる
 be kind to others 他人に親切にする

以上にあけた6つの原形動詞フレーズを以下の
[表現の枠組み]を用いて英文を生産していただきたい。もちろん以下のdo itなどは一般表現であることは言うまでもない
私が
「英語の九九」と言っているのは、具体的な動詞フレーズ(意味ある単位))を元にして英文生産する表現の枠組み]を身につけること、これが「国際標準の英会話学習法」ということだ。


ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(DLMARKET)にて登録

[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]
[基本4時制の展開]一般動詞系列の展開
[1] 現在形動詞フレーズ (現在の能動的な事実・習慣を表す) ※現在形

  (1) Why do you want to do it?
    あなたは、どうして(今、ふだん)それをしたいの?
  (2) Why don't you want to do it?
    あなたは、どうして(今、ふだん)それをしたくないの?
  (3) Why does she want to do it?
    彼女は、どうして(今、ふだん)それをしたいの?
  (4) Why doesn't she want to do it?
    彼女は、どうして(今、ふだん)それをしたくないの?
[2] 過去形動詞フレーズ (過去の能動的な事実を表す) ※過去形

  (1) Why did you want to do it?
    あなたは、どうして(その時)それをしたかったの?
  (2) Why didn't you want to do it?
    あなたは、どうして(その時)それをしたくなかったの?
  (3) Why did she want to do it?
    彼女は、どうして(今、ふだん)それをしたくなかったの?
  (4) Why didn't she want to do it?
    彼女は、どうして(今、ふだん)それをしたくなかったの?
[3] 未来形動詞フレーズ (未来の能動的な事実を表す) ※未来形

  (1) Why will you want to do it?
    あなたは、どうして(これから)それをしたくなるの?
  (2) Why won't you want to do it?
    あなたは、どうして(これから)それをしたくならないの?
  (3) Why will she want to do it?
    彼女は、どうして(今、ふだん)それをしたくならないの?
  (4) Why won't she want to do it?
    彼女は、どうして(今、ふだん)それをしたくならないの?
[4] ing形動詞フレーズを使った表現 (能動的な継続状態を表す) ※進行形/動名詞
  進行形は無し
[5] 現在完了形フレーズ (過去を背負った現在の能動的な付帯状況を表す) ※現在完了形

  (1) Have you ever wanted to do it?
    あなたは、どうしてかつてそれをしたくなったことがあるの?
  (2 Haven't you wanted to do it?
    あなたは、どうしてかつてそれをしたくなったことがないの?

  (3) Why has she want to do it?
    彼女は、どうしてかつてそれをしたくなったことがあるの?
  (4) Why hasn't she want to do it?
    彼女は、どうしてかつてそれをそれをしたくなったことがないの?

【一般動詞フレーズ5段活用】
  want to do it(原形動詞フレーズ) 「それをしたい」

=============================
 (1) want(s) to do it  現在形動詞フレーズ 
 (2) wanted to do it  過去形動詞フレーズ
 (3) want to do it   原形動詞フレーズ
   ※助動詞、to不定詞で使われる。
 (4) wanting to do it  ing形動詞フレーズ
   ※分詞構文、動名詞で使われる。
 (5) wanted to do it  ed形動詞フレーズ 
   ※完了形で使われる。 
=============================

【一般動詞フレーズ5段活用】
  want to be happy (原形動詞フレーズ) 「幸せになりたい

=============================
 (1) want(s) to be happy  現在形動詞フレーズ 
 (2) wanted to be happy  過去形動詞フレーズ
 (3) want to be happy    原形動詞フレーズ
   ※助動詞、to不定詞で使われる。
 (4)wanting to be happy   ing形動詞フレーズ
   ※分詞構文、動名詞で使われる。
 (5)wanted to be happy    ed形動詞フレーズ 
   ※完了形で使われる。 
=============================

幸せになりたい」などの展開は簡略したもので、[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]は省略 専用ブログで閲覧ください

○今回の表現の「勘どころ」

[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]は、単にとりあげた文例を丸暗記するべきだと言うことではない。この枠組みを使って以下にあげたフレーズを展開表現をしてほしい。

ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料)ダウンロード販売

省略
以下はすべて
want to+原形動詞フレーズ(be動詞のフレーズ)を使った表現です。
  I want to be a professional musician some day.
  私はいつかプロの音楽家になりたい
まさにその件が知りたいのです
私の言いたいのはそういうことだ
エジソンのような発明家になりたい
私は有名になりたい
歌いたいのも当然だ
私は裕福になりたくない
私は疲れていて料理ができないから、今夜は外食したい
私はあなたと結婚したい
私は父の講演が聞ける時刻までにそちらに着きたいのですが
知りたいのはそれだけですか?
ひとかどの人間と言われたいのなら…
彼らは仲の良い少年少女たちになりたがっている
私たちはいつも友達でありたい
彼は私のいちばん会いたくない人だ
名もない人になりたくない
私はあなたのコンピュータでのペンフレンドになりたい
私はピアニストになりたい
私は、大きくなったらパイロットになりたい
コンピュータプログラマーになりたかったのですか?


【当研究会からのお知らせ】


今回もこのブログはダイジェスト版となっています。
国際標準の英会話学習法」の製品版は当オンライン講座の副教材として専用ブログで閲覧していただくことになりました。

 ファンクションメソッドオンライン講座


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。 m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村

スポンサードリンク


ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞


動画
 ☆ファンクションメソッドオンライン講座(教材)


 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク
posted by cominica at 09:56 | 国際水準の英会話学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日のつぶやき









































































































































































スポンサードリンク

2017年10月16日

第4クールどうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか 60/90


【どうして日本人は英語を話せないのか?】

テレビを見ていると日本語を上手に話している外国の人がたくさん出ている。ネットに外国の人たちが日本語を簡単に話せる教本みたいなものがあると紹介されていた。
それは日本語を話す場合、「私は」などとやらずに動詞のフレーズだけを日本語で話すといい、というのだ。くわしいことは知らないが、このようなものと想像する。
 私、東京行きます

 私、東京行きたい
 私、東京行った
 私、東京行ったこと ある
一方英語の発想では以下のようになる。
 I'll 
go to Tokyo.
 I wanna go to Tokyo.

 I went to Tokyo.
 I've gone[been] to Tokyo.
いずれも、動詞はフレーズ(意味ある単位)でとらえなければならないということだ。外国のことが日本語を話すのも、逆に私たちが英語を話す場合も何ら異なっていない。

私が提唱するファンクションメソッドに流れる哲学に「ひとまとまりの行為・状態論」がある。これは言葉というものはフレーズ(意味ある単位)で成り立っているということだ。
今回とりあげた
現在完了形は、現在において、ひとまとまりの過去の行為や状態を「持つ」といいことだ。そのワケは英語には、原形動詞フレーズ、ing形動詞フレーズ、そしてed形動詞フレーズの三つの非時制動詞フレーズがあることを知って欲しいからだ。そしてこれがすべてであり、英語ほど簡単な言語がいということを知って欲しい。

現在完了形は、have[has]+過去分詞、つまり下記の文例ではhave goneやhave beenとか、have spokeなどととらえていれば意味が定着・蓄積するわけはない。つまり日本の教育文法では英語が話せないのは当たり前だ。
ただ注意してほしいのは、be動詞系列と一般動詞系列の二つで成り立っているということは指摘するまでもない。ちなみに教育文法では、(28)(31) は現在完了受身形と命名されているが、ネイティブの人でも文法的に説明できる人はほとんどない。

(34) I have ever gone[been] there.
  私は今までそこに行ったことがある

 (1) 私は、(時々)
今までそこに行ったことがある 
    <〜は ユウする文>
   @ 私は 〜ユウする  → I have ever
   A
そこに行ったことを → gone[been] there. 
  (完成文)  →
I have ever gone[been] there.
※教育文法での説明 
I have ever
gone[been] there.

(36) Have you ever spoken in front of your friends?
  あなたは友達の前で話したことがありますか?

 (1) あなたは友達の前で話したことがありますか? 
    <〜は ユウする文>
   @ あなたは 〜ユウするか? → Have you ever
   A
友達の前で話したこと → spoken in front of your friends 
  (完成文)  → 
Have you ever
spoken in front of your friends?
※教育文法での説明 
Have you ever spoken in front of your friends?

(26) I have ever been late.
  私は今まで遅れたことがある
(24) I have ever had a car accident.
  私は今まで自動車事故を起こしたことがあります

(28) She has ever been left alone in the dark.
  彼女は今まで暗がりに1人残されたことがあります
(31) He has ever been scolded.
  彼は今までしかられたことがあります


斜線で表したものは「コミニカ英語基礎編」のコミニカ英作法です。


● 言葉は小から大へと拡大する
中嶋:今まで述べてきたことをまとめておきたい。以下にあげたのが、ネイティブの子どもと日本人の言葉を拡大していくプロセスだ。

  ネイティブの子ども   日本人の子ども
  Mom, milk!         ママ、おっぱい
  Mom, want milk!      ママ、おっぱいほしい
  Mom, Kathy, want milk!   ママ、花子、おっぱいほしい
  Mom, I want milk!     ママ、わたしおっぱいほしい

中嶋: ところが、私たちが中学校で始めて体験した英語の姿はまったく違っていた。とにかくI want milk.といった完成文を言わなくては絶対通じないものと教えられた。だからこの I が自分のことを指しているという実感もないままそれを丸暗記した。
Mom, milk, please!も言えないのに
、I want milk.と丸暗記させられたというわけだ。しかもわざわざ「読解のために」とwantに漢文のレ点を打つような後戻り訳までさせられた。
Kenny: 飛行機に乗っているとき、大の大人がビールの注文をするのにおろおろしている場面をよく見かけるよ。
中嶋: そうだね。英語教育のはじめに、次のような順序で教えていればこんなことにならなかったわけだ。

  Beer, please.       ビールください!
  Want beer, please.    ビールが欲しい
  I want beer, please.   私はビールが欲しい
  I'd like beer, please.  私はビールをいただきたい
  May I have beer, please? ビールをいただけますか?

Kenny:それにしても、中嶋さんは日本の英語教育の批判については熱が入るね。
中嶋: 彼ら英語教師は、いまだに自分たちの英語教育が英会話の基礎だと思い込んでいる。しかしこれはまったく間違っているということに気づいていない。とにか
く、日本の英語教育では英語の発想を教えずにその読解法ばかり教えている。かつて学校で学んだことは電卓のクリアーボタンみたいに一度忘れてみること、そして素直な気持ちで英語の発想に身をゆだねてみる必要があると思うんだ。
以上、
「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法」からの抜粋記事です。

このブログは、「ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法」に準拠しています。

ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(DLMARKET)にて登録

ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料)ダウンロード販売


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。 m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村

スポンサードリンク

ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞


動画
 ☆ファンクションメソッドオンライン講座(教材)


 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク
posted by cominica at 14:22 | 国際水準の英会話学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする