2009年08月08日

「英会話の九九」を生み出すきっかけとなったのは


「コミニカ中学英語基礎編PDF版」は、A4用紙を選びプリンターの設定で、「レイアウト」を選び「ページ数/枚」を2にしてください。見やすくなりますよ。(サンプルも同じです)

[今日の学習]

私が書いた本に「九九のように覚える英会話」ベレ出版というものがあります。これはまだ市販されているので興味のある方はぜひご覧ください。音声CD付きです。

  「九九のように覚える英会話」中嶋太一郎著ベレ出版

   table-1 
   
その本の「はじめに」というところで、私は以下のように書きました。

●「英会話の九九」を生み出すきっかけとなったのは
 私には忘れられない光景があります。そしてそれが私に「英会話の九九」というものを生み出すきっかけになりました。それはずっと以前の映画のワンシーンです。この映画は南アフリカの人種隔離政策(アパルトヘイト)を扱ったものですが、ある教会で白人学生が黒人の子供たちを集めて英語を教えているシーンがありました。

1人の青年が多くの子供たちを前にして。Iと言い、彼らにI amと答えさせていました。
次にYouと言い、You areと、さらにWeと言い、We areなどと続けていたのです。
このシーンを見て、私は、「これは英語の九九だ」と思わず叫んだことを今でも覚えています。

  I→ I am, We → We are, You → You are, She →She is

「私」「私たち」「あなた」「彼女」と、身の回りのすべての「存在」を認めることによって、あなたの英語発想に身を置いた学習が始まります。

ところで、英会話の洋書にEnglish Through Picturesというものがあります。
これは日本でも販売されていますが、この本の最初もI am, We areなどから始まっています。

これが国際水準だと思います。

○テーブルbe動詞 現在形
table-1 

この教材では、この「英語の九九」である、主語と動詞との結びつきを徹底的に学びます。

ファンクションメソッドは、このようにとらえて学習を進めるから実際に使える語彙が確実に定着・蓄積していくことになります。
 
コミニカ英語教材<基礎編>●3ヶ月で、英語・英会話の土台の再構築が可能
 英会話とは英作の連続だ!

<「コミニカ中学英語基礎編>」で学習している人たちの声>
 ○ この教材でなら話せるようになると思う。希望が湧いて来た。
 ○ こんな教材の出現を待ち望んでいた。親子でやっています。
 ○ 初学者も再学習者も、楽しく学べて確かに英語が言葉として身につく
 ○ すごい学習法の発明だ。目から鱗が落ちた。
 ○ 日本語の発想を生かして英作するから、誰でもできる。



「コミニカ英語教材<基礎編>」PDF版サンプル   コミニカ英語教材<基礎編>目次
「書いて覚える英作体験』をしていただきましょう。これはです。あなたの「英作力」をぜひ試してください。
下段のアドレスは音声です。
PDFサンプルはA4判1枚に2ページの印刷指定をしてプリントアウトをしてください。
各問題プリントには「評価 A・B・C」の欄がありますが、全問正解がA、誤答3問以内がB、誤答が4問以上あればCと評価してください。C評価はもう一度やり直しの判断基準としてください。
また慣れてきたら、完成文だけを書き込むこともぜひ試してください。
http://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/G1-01.pdfhttp://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/G1-01-kai.pdfhttp://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/grade-15/grade15-01.mp3
プリントアウトされたら、各問題文の(1) のフレーズに注目してください。「私は〜いる」「あなたは〜いる」「マイクは〜いる」などが表記されています。
あるいはこのことは否定形や疑問形での問題も同じです。
しかしこれらのファンクションフレーズは、別に現在進行形だからというものではありません。中学1年の15級ですでに覚えてしまったフレーズなのです。
だからこの教材で学習した生徒が、(1)のフレーズの英語を書かないで、一足飛びに完成文を書いてしまう、ということがわかっていただけると思います。
これって彼らの頭に「英語脳』が備わった証拠と言えるでしょう。


 「コミニカ中学英語基礎編 PDF版」
  コミニカ中学英語<基礎編>Aセット 13,500円(税込)
  PDF版CD-ROM 4枚
  コミニカ中学英語<基礎編>Bセット 18,000円(税込)
  PDF版CD-ROM 4枚AudioCD19枚 (約17時間の音声付き) 合計23枚セット
  コミニカ中学英語<基礎編> 団体使用 33,000円(税込)
  CD-ROM 2枚(約540分の音声付き)

スポンサードリンク
posted by cominica at 07:45 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九]とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

英語の回路。しくみが身につけば、簡単に英語が話せる


[お知らせ]

「コミニカ中学英語基礎編PDF版」は、A4用紙を選びプリンターの設定で、「レイアウト」を選び「ページ数/枚」を2にしてください。見やすくなりますよ。(サンプルも同じです)

[今日の学習]
今回は、日曜日なので簡単にこの記事を書きました、
ワーブロソフトを使っている人は、わかると思いますがこれには「置き換え機能」というものがあります。
私はこれを使って前回のmake breakfastをlet the dog outという動詞フレーズに置き換えました。
PCですからあっと言う間であることは言うまでもありません。

でもここで大切なことは、それほど英語は簡単なしくみで成り立っていることがわかりますね。ある意味で機械的に書き変わったワケですから。

手間がかかったのは日本語訳です。日本語の方が書き換えはむずかしいと言えるでしょう。
つまり皆さんにこの英語の回路。しくみが身につけば、簡単に英語が話せるということを知っておいてください。

ちなみにlet the dog outはむずかしい表現で中学英語には登場しないものです。しかしあえてこれを使ったのは英語の回路さえ身についていれば、このようなむずかしいフレーズでも簡単に使えこなせることを知っておいてもらいたいからです。

このletは「許す」という意味で、「その犬を外に出すのを許す」という意味です。普通は、「犬を外に出してやる、そとに出してあげる」といった意味となります。

[コミニカ五文型]
  (1) 「〜は ドンナだ文」 補語が形容詞のもの
  (2) 「〜は ナニだ文」  補語が名詞のもの
  (3) 「〜は ある・いる文」 補語が方位副詞、前置詞+名詞のもの
  (4) 「〜は ユウする文」 一般動詞haveの文
  (5) 「〜は ドウする文」 have以外の一般動詞の文

何度も述べていますが、英語にはbe動詞系列と一般動詞系列の2つしかありません。今回は一般動詞フレーズの展開について述べますが、これは「〜は ユウする文」と「〜は ドウする文」についてのものです。

【一般動詞フレーズ5段活用】 let the dog out
=============================
(1) let(s) the dog out  現在形動詞フレーズ 
(2) let the dog out  過去形動詞フレーズ 
(3) let the dog out  原形動詞フレーズ
(4) letting the dog out  ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞になります
(5) let the dog out  ed形動詞フレーズ  
=============================

「犬を外に出してやる」人は、様々います。あるいは「犬を外に出してやらない」人も、また「犬を外に出してやるの?」とか「犬を外に出してやらないの?」と聞く必要もあります。
しかし教育文法のように主語を含む基本文を丸暗記して、場面や状況に応じて単語を入れなさい、と言われてもとっさにそんなことができるワケはありません。

英語の発想では例えば、let the dog outを頭に思い浮かべて以下のようなファンクションフレーズと結びつけて表現します。
もちろん動詞フレーズのパターンは変わりますが、

○テーブル一般動詞 現在形 一般動詞フレーズ5段活用の(1)
table-1 

 [GROUP A]を使って 肯定形
  (ふだん)犬を外に出してあげている
  I let the dog out. She lets the dog out.
 [GROUP B]を使って 否定形
  (ふだん)犬を外に出してあげていません
  I don't let the dog out. She doesn't let the dog out.
 [GROUP C]を使って 疑問形
  (ふだん)犬を外に出してあげてるの?
  Do you let the dog out? Does she let the dog out?
 [GROUP D]を使って 否定疑問形  ※高校英語
  (ふだん)犬を外に出してあげてないの?
  Don't you let the dog out? Doesn't she let the dog out?
 [GROUP A]と[GROUP B]を使って Short Answer
  Yes, I do.  / No, I don't.
  Yes, she does.  / No, she doesn't.
 4つの[GROUP]を使って 付加疑問形
  You let the dog out, don't you?
  (ふだん)犬を外に出してあげてるんでしょう
  She lets the dog out, doesn't she?
  You don't let the dog out, do you?
  (ふだん)犬を外に出してあげてないのでしょう
  She doesn't let the dog out, does she?

○テーブル一般動詞 過去形 一般動詞フレーズ5段活用の(2)
table-2

 [GROUP A]を使って 肯定形
  (その時)犬を外に出してあげた
  I let the dog out. She let the dog out.
 [GROUP B]を使って 否定形
  (その時)犬を外に出してあげなかった
  I didn't let the dog out. She didn't let the dog out.
 [GROUP C]を使って 疑問形
  (その時)犬を外に出してあげたの?
  Did you let the dog out? Did she let the dog out?
 [GROUP D]を使って 否定疑問形  ※高校英語
  (その時)犬を外に出してあげなかったの?
  Didn't you let the dog out? Didn't she let the dog out?
 [GROUP A]と[GROUP B]を使って Short Answer
  Yes, I did.  / No, I didn't.
  Yes, she did.  / No, she didn't.
 4つの[GROUP]を使って 付加疑問形
  略

○テーブルbe動詞・一般動詞共通 未来形 be動詞フレーズ5段活用の(3)
table-3

 [GROUP A]を使って 肯定形
  (これから)犬を外に出してあげるつもりです
  I will let the dog out. She will let the dog out.
 [GROUP B]を使って 否定形
  (これから)犬を外に出してあげるつもりはありません
  I won't let the dog out. She won't let the dog out.
 [GROUP C]を使って 疑問形
  (これから)犬を外に出してあげるの?
  Will you let the dog out? Will she let the dog out?
 [GROUP D]を使って 否定疑問形  ※高校英語
  (これから)犬を外に出してあげるつもりはないの?
  Won't you let the dog out? Won't she let the dog out?
 [GROUP A]と[GROUP B]を使って Short Answer
  Yes, I will.  / No, I won't.
  Yes, she will.  / No, she won't.
 4つの[GROUP]を使って 付加疑問形
  略

○テーブルbe動詞・一般動詞共通 現在完了形 be動詞フレーズ5段活用の(5)
table-4

 [GROUP A]を使って 肯定形
  (もう)犬を外に出してあげたころです
  I have let the dog out already. She has let the dog out already.
 [GROUP B]を使って 否定形
  (まだ)犬を外に出してあげていません
  I haven't let the dog out yet. She hasn't let the dog out yet.
 [GROUP C]を使って 疑問形
  (もう)犬を外に出してあげたの?
  Have you let the dog out yet? Has she let the dog out yet?
 [GROUP D]を使って 否定疑問形  ※高校英語
  (まだ)犬を外に出してあげてないの?
  Haven't you let the dog out? Hasn't she let the dog out?
 [GROUP A]と[GROUP B]を使って Short Answer
  Yes, I have.  / No, I haven't.
  Yes, she has.  / No, she hasn't.
 4つの[GROUP]を使って 付加疑問形
  略

私は「行為や状態はひとまとまりのもの」と常に指摘しているのは実はこのことです。

今回の文例に高校範囲のものも含まれていますが、これが一般動詞系列の英語の回路です。ぜひ他の知っている動詞フレーズで試してください。have breakfast(朝食を食べる). do the shopping(買い物をする)、do the gardening(庭仕事をする)
   
[受講生の皆さんへ]
今回登場した文例の日本語訳をあげておきました。もちろん各時制の付加疑問文も。

CDの音声も必ず聞いてくださいよ。
私が、昔塾をしていたとき、生徒たちは日本語が流れたら、きそって口々に英文を言っていたことを思い出します。

ファンクションメソッドは、このようにとらえて学習を進めるから実際に使える語彙が確実に定着・蓄積していくことになります。
 
コミニカ英語教材<基礎編>●3ヶ月で、英語・英会話の土台の再構築が可能
 英会話とは英作の連続だ!

<「コミニカ中学英語基礎編>」で学習している人たちの声>
 ○ この教材でなら話せるようになると思う。希望が湧いて来た。
 ○ こんな教材の出現を待ち望んでいた。親子でやっています。
 ○ 初学者も再学習者も、楽しく学べて確かに英語が言葉として身につく
 ○ すごい学習法の発明だ。目から鱗が落ちた。
 ○ 日本語の発想を生かして英作するから、誰でもできる。



「コミニカ英語教材<基礎編>」PDF版サンプル   コミニカ英語教材<基礎編>目次
「書いて覚える英作体験』をしていただきましょう。これはです。あなたの「英作力」をぜひ試してください。
下段のアドレスは音声です。
PDFサンプルはA4判1枚に2ページの印刷指定をしてプリントアウトをしてください。
各問題プリントには「評価 A・B・C」の欄がありますが、全問正解がA、誤答3問以内がB、誤答が4問以上あればCと評価してください。C評価はもう一度やり直しの判断基準としてください。
また慣れてきたら、完成文だけを書き込むこともぜひ試してください。
http://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/G1-01.pdfhttp://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/G1-01-kai.pdfhttp://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/grade-15/grade15-01.mp3
プリントアウトされたら、各問題文の(1) のフレーズに注目してください。「私は〜いる」「あなたは〜いる」「マイクは〜いる」などが表記されています。
あるいはこのことは否定形や疑問形での問題も同じです。
しかしこれらのファンクションフレーズは、別に現在進行形だからというものではありません。中学1年の15級ですでに覚えてしまったフレーズなのです。
だからこの教材で学習した生徒が、(1)のフレーズの英語を書かないで、一足飛びに完成文を書いてしまう、ということがわかっていただけると思います。
これって彼らの頭に「英語脳』が備わった証拠と言えるでしょう。


 「コミニカ中学英語基礎編 PDF版」
  コミニカ中学英語<基礎編>Aセット 13,500円(税込)
  PDF版CD-ROM 4枚
  コミニカ中学英語<基礎編>Bセット 18,000円(税込)
  PDF版CD-ROM 4枚AudioCD19枚 (約17時間の音声付き) 合計23枚セット
  コミニカ中学英語<基礎編> 団体使用 33,000円(税込)
  CD-ROM 2枚(約540分の音声付き)
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by cominica at 11:53 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九]とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語の回路さえ身につけたら


[お知らせ]

「コミニカ中学英語基礎編PDF版」は、A4用紙を選びプリンターの設定で、「レイアウト」を選び「ページ数/枚」を2にしてください。見やすくなりますよ。(サンプルも同じです)

[今日の学習]
ちょっと時間が空いたので、少し書き換えたものをお送りしました。
と言うよりも、前回の記事で英文では犬、日本語訳がネコとなっていたもののおわびです。さっそくワープロソフトの「置き換え機能」を使って書き換えておきました。

このletは「許す」という意味で、「その犬を外に出すのを許す」という意味です。普通は、「犬を外に出してやる、外に出してあげる」といった意味となります。

これが前回のものでしたね。

このlet the dog outをlet the dog inにしたらどうでしょうか。
すでに中1年第8級で、outは「範囲外」、inは「範囲内」を表すと説明しましたね。となると、「犬を中に入れてあげる」という意味になります。

さらに単に「中に」とか「外に」ではなく、「犬を私の部屋(の中)に入れてあげる」となると、let the dog into my roomとなり、逆に「犬を私の部屋(の外)に出してあげる」となるとlet the dog out of my roomとなります。つまりintoとout ofはそれぞれ逆の意味になるワケです。
それではlet the dog inでの表現展開を見ていただきましょう。
他のものは自分で展開表現をしてください。

[コミニカ五文型]
  (1) 「〜は ドンナだ文」 補語が形容詞のもの
  (2) 「〜は ナニだ文」  補語が名詞のもの
  (3) 「〜は ある・いる文」 補語が方位副詞、前置詞+名詞のもの
  (4) 「〜は ユウする文」 一般動詞haveの文
  (5) 「〜は ドウする文」 have以外の一般動詞の文

何度も述べていますが、英語にはbe動詞系列と一般動詞系列の2つしかありません。今回は一般動詞フレーズの展開について述べますが、これは「〜は ユウする文」と「〜は ドウする文」についてのものです。

【一般動詞フレーズ5段活用】 let the dog in
=============================
(1) let(s) the dog in  現在形動詞フレーズ 
(2) let the dog in  過去形動詞フレーズ 
(3) let the dog in  原形動詞フレーズ
(4) letting the dog in  ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞になります
(5) let the dog in  ed形動詞フレーズ  
=============================

「犬を中に入れてやる」人は、様々います。あるいは「犬を入れてやらない」人も、また「犬を入れてやるの?」とか「犬を入れてやらないの?」と聞く必要もあります。
しかし教育文法のように主語を含む基本文を丸暗記して、場面や状況に応じて単語を入れなさい、と言われてもとっさにそんなことができるワケはありません。

英語の発想では例えば、let the dog inを頭に思い浮かべて以下のようなファンクションフレーズと結びつけて表現します。
もちろん動詞フレーズのパターンは変わりますが、

○テーブル一般動詞 現在形 一般動詞フレーズ5段活用の(1)
table-1 

 [GROUP A]を使って 肯定形
  (ふだん)犬を中に入れてあげている
  I let the dog in. She lets the dog in.
 [GROUP B]を使って 否定形
  (ふだん)犬を中に入れてあげていません
  I don't let the dog in. She doesn't let the dog in.
 [GROUP C]を使って 疑問形
  (ふだん)犬を中に入れてあげてるの?
  Do you let the dog in? Does she let the dog in?
 [GROUP D]を使って 否定疑問形  ※高校英語
  (ふだん)犬を中に入れてあげてないの?
  Don't you let the dog in? Doesn't she let the dog in?
 [GROUP A]と[GROUP B]を使って Short Answer
  Yes, I do.  / No, I don't.
  Yes, she does.  / No, she doesn't.
 4つの[GROUP]を使って 付加疑問形
  You let the dog in, don't you?
  (ふだん)犬を中に入れてあげてるんでしょう
  She lets the dog in, doesn't she?
  You don't let the dog in, do you?
  (ふだん)犬を中に入れてあげてないのでしょう
  She doesn't let the dog in, does she?

○テーブル一般動詞 過去形 一般動詞フレーズ5段活用の(2)
table-2

 [GROUP A]を使って 肯定形
  (その時)犬を中に入れてあげた
  I let the dog in. She let the dog in.
 [GROUP B]を使って 否定形
  (その時)犬を中に入れてあげなかった
  I didn't let the dog in. She didn't let the dog in.
 [GROUP C]を使って 疑問形
  (その時)犬を中に入れてあげたの?
  Did you let the dog in? Did she let the dog in?
 [GROUP D]を使って 否定疑問形  ※高校英語
  (その時)犬を中に入れてあげなかったの?
  Didn't you let the dog in? Didn't she let the dog in?
 [GROUP A]と[GROUP B]を使って Short Answer
  Yes, I did.  / No, I didn't.
  Yes, she did.  / No, she didn't.
 4つの[GROUP]を使って 付加疑問形
  略

○テーブルbe動詞・一般動詞共通 未来形 be動詞フレーズ5段活用の(3)
table-3

 [GROUP A]を使って 肯定形
  (これから)犬を中に入れてあげるつもりです
  I will let the dog in. She will let the dog in.
 [GROUP B]を使って 否定形
  (これから)犬を中に入れてあげるつもりはありません
  I won't let the dog in. She won't let the dog in.
 [GROUP C]を使って 疑問形
  (これから)犬を中に入れてあげるの?
  Will you let the dog in? Will she let the dog in?
 [GROUP D]を使って 否定疑問形  ※高校英語
  (これから)犬を中に入れてあげるつもりはないの?
  Won't you let the dog in? Won't she let the dog in?
 [GROUP A]と[GROUP B]を使って Short Answer
  Yes, I will.  / No, I won't.
  Yes, she will.  / No, she won't.
 4つの[GROUP]を使って 付加疑問形
  略

○テーブルbe動詞・一般動詞共通 現在完了形 be動詞フレーズ5段活用の(5)
table-4

 [GROUP A]を使って 肯定形
  (もう)犬を中に入れてあげたころです
  I have let the dog in already. She has let the dog in already.
 [GROUP B]を使って 否定形
  (まだ)犬を中に入れてあげていません
  I haven't let the dog in yet. She hasn't let the dog in yet.
 [GROUP C]を使って 疑問形
  (もう)犬を中に入れてあげたの?
  Have you let the dog in yet? Has she let the dog in yet?
 [GROUP D]を使って 否定疑問形  ※高校英語
  (まだ)犬を中に入れてあげてないの?
  Haven't you let the dog in? Hasn't she let the dog in?
 [GROUP A]と[GROUP B]を使って Short Answer
  Yes, I have.  / No, I haven't.
  Yes, she has.  / No, she hasn't.
 4つの[GROUP]を使って 付加疑問形
  略

私は「行為や状態はひとまとまりのもの」と常に指摘しているのは実はこのことです。

今回の文例に高校範囲のものも含まれていますが、これが一般動詞系列の英語の回路です。ぜひ他の知っている動詞フレーズで試してください。have breakfast(朝食を食べる). do the shopping(買い物をする)、do the gardening(庭仕事をする)
   
[受講生の皆さんへ]
今回登場した文例の日本語訳をあげておきました。もちろん各時制の付加疑問文も。

CDの音声も必ず聞いてくださいよ。
私が、昔塾をしていたとき、生徒たちは日本語が流れたら、きそって口々に英文を言っていたことを思い出します。

ファンクションメソッドは、このようにとらえて学習を進めるから実際に使える語彙が確実に定着・蓄積していくことになります。
 
コミニカ英語教材<基礎編>●3ヶ月で、英語・英会話の土台の再構築が可能
 英会話とは英作の連続だ!

<「コミニカ中学英語基礎編>」で学習している人たちの声>
 ○ この教材でなら話せるようになると思う。希望が湧いて来た。
 ○ こんな教材の出現を待ち望んでいた。親子でやっています。
 ○ 初学者も再学習者も、楽しく学べて確かに英語が言葉として身につく
 ○ すごい学習法の発明だ。目から鱗が落ちた。
 ○ 日本語の発想を生かして英作するから、誰でもできる。



「コミニカ英語教材<基礎編>」PDF版サンプル   コミニカ英語教材<基礎編>目次
「書いて覚える英作体験』をしていただきましょう。これはです。あなたの「英作力」をぜひ試してください。
下段のアドレスは音声です。
PDFサンプルはA4判1枚に2ページの印刷指定をしてプリントアウトをしてください。
各問題プリントには「評価 A・B・C」の欄がありますが、全問正解がA、誤答3問以内がB、誤答が4問以上あればCと評価してください。C評価はもう一度やり直しの判断基準としてください。
また慣れてきたら、完成文だけを書き込むこともぜひ試してください。
http://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/G1-01.pdfhttp://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/G1-01-kai.pdfhttp://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/grade-15/grade15-01.mp3
プリントアウトされたら、各問題文の(1) のフレーズに注目してください。「私は〜いる」「あなたは〜いる」「マイクは〜いる」などが表記されています。
あるいはこのことは否定形や疑問形での問題も同じです。
しかしこれらのファンクションフレーズは、別に現在進行形だからというものではありません。中学1年の15級ですでに覚えてしまったフレーズなのです。
だからこの教材で学習した生徒が、(1)のフレーズの英語を書かないで、一足飛びに完成文を書いてしまう、ということがわかっていただけると思います。
これって彼らの頭に「英語脳』が備わった証拠と言えるでしょう。


 「コミニカ中学英語基礎編 PDF版」
  コミニカ中学英語<基礎編>Aセット 13,500円(税込)
  PDF版CD-ROM 4枚
  コミニカ中学英語<基礎編>Bセット 18,000円(税込)
  PDF版CD-ROM 4枚AudioCD19枚 (約17時間の音声付き) 合計23枚セット
  コミニカ中学英語<基礎編> 団体使用 33,000円(税込)
  CD-ROM 2枚(約540分の音声付き)
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by cominica at 15:54 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九]とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする